読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

起きたら大量の冷や汗で寝間着がびしょ濡れだった。

寝汗の範囲を超えている。しかも今は冬だ。

 

悪夢をみた覚えがある。

想像的でオカルティックな夢なら起きてから楽しめるけど、あいにく現実的な夢ばかりでつらい。

 

そういえば、想像をしなくなっている。

世界観や物語、生活の営みなど、夢想するのが好きだった。

 

いまはひたすら現実に目を向けている。

 

ジムに通いだしたのはよかったと思う。

自分の肉体のことを、まったく知らなかったと気づいた。

こんな状態にならなければ興味も持たなかっただろう。

人間とは愚かなものだ。

 

人間は内臓と脳で動いていると思い込んでいた気がする。

腕を上げるのには、腕以外の筋肉も使っている。

体幹や姿勢、呼吸、体温、触覚。

大切なことだと知った。

ひとつの動作によって、身体のどこを使うのか。

そういうことを考えるきっかけになった。

 

肉体と脳は神経によってつながっている。

その神経は背骨の中を通っている。

身体を動かすと、神経が刺激を受ける。

末端を動かすこともそうだし、背を伸ばすことも神経を呼び覚ます行為だ。

当たり前に使うだけ使って、神経を労わることをしなかった。

運動しろ、日光に当たれ、とは言うけれど、それは神経を刺激しろという意味だったんだ。

 

無意識に肩に力が入ってしまう。奥歯を噛みしめてしまう。

そういうのが癖になって自分にこびりついている。

脱力すること。それを意識的にできるようにならなくては。