読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スポーツジムへの入会が決定した。

無感動だ。日中、何も考えないで身体を動かす。

その指示をちくいち受けるためにお金を払うんだ。

自分で思考・決定できないからさ。

 

やっぱり夕暮れ後が鬼門だ。

改善したのか、薬が増えたおかげか、全精力でもってネガティブな思考を阻止するような状態ではなくなっている。

 

でもしんどいや。

ベッドに横になるのだけは避けている。

テーブルにつっぷしたり、壁に額を押し付けたりしている。

夕飯食わずにもう寝たい。

とりあえず身体を温めればよくなる気がして、風呂にばかり入っている。

 

気分を安定させる薬は、一日分を夕飯後に摂取する。

だからこの時間が一番ヤク切れなんだと思う。

やたらタバコ吸いたくなる。

 

もそもそ夕飯を食うと、次は寝ることが使命感として重くのしかかるから嫌になる。

バカとしか言えない。

「おいしい」と言って食べるけど、あまり感動がない。

お腹減ってるし、おいしいんだけどね。

栄養を摂取しなきゃいけない、という使命感もあるんだと思う。

ジャンクフード欲もすっかりなくなったし、良くなりたくて野菜を食べている。

そして食に対する礼儀作法として「おいしい」と言っている。

「いただきます」と変わらない。

 

飼っているウサギの動きをじっと見ている。

尿をしたら見に行く。ウンコの個数を数えたりもしている。

以前は私もいろいろやりたいことがあったから、構ってほしいとアピールされてもいなすことが多かったと思う。

でも、今は私のほうからウサギに構ってほしがっている。

ウサギはクールに無視する。または「ウザい」と露骨に態度で示される。

「かまってよし」とお許しが出ると、何時間でも撫でている。

縁側の老人状態だ。

 

ウサギも通院している。

ずいぶん前から乳首が腫れていて気になっていた。

小動物をちゃんと診てくれる獣医は少ない。

いままでの動物病院ではてきとうにあしらわれていた。

獣医は人間より動物が好きという冷たい人間が多いと思う。

評判を聞いて行ってみたところは人当たりのいい女医さんだった。

 

そこで抗生物質の入ったシロップをもらって、朝と夜に飲ませる。

自発的に飲んではくれないから、抱え込んで口にスポイトで注ぐ。

この日課のせいで少し嫌われているんだと思う。

不味いわけじゃないみたいなんだけど。

ウサギもよくなっている。私もよくなるだろう。