読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

昨夜、ここの文章を書いたのは失敗だった。

今後しばらくは、陽のあるうちにしか書かないことにする。

文章を書くことはエネルギーがいる。

 

医師の指示で、午前0時までには就寝することになっている。

寝る前にモニターに向かうのはよくない。

ベッドの中で、文章を推敲している自分がいた。

これが私の悪いところ。

 

かつてなら、そこでもう眠れなくなった。

起き上がって、朝までなにか作り続けていた。

 

目がさえるってこと。

睡眠薬もいまいち効かない。

じっと横になるのに耐えかねて、起き上がったら午前3時だった。

煙草を吸って、ホットミルクを飲んだ。

それからもう一回横になったら眠れた。

 

昨日、計画した病院への電話は無事クリアした。

便秘薬を処方してくれるってさ。

 

歩いていこうかと思ってたけど、今日はあまりに寒すぎる。

あと、新品のスニーカーはまだ温存しておこうかと思って。

 

ほんとうに、運動の仕方が分からない。

スポーツジムとか、そういう施設の利用を検討している。

せめて初動にトレーナーが必要だ。

公園のベンチで小鳥眺めて終わりそう。

「あれはシジュウカラ、こっちはコゲラ

だったら、室内用にスニーカーはとっておいた方がいい気がする。

 

ただ歩くだけでもいいんだろうけど、もはや通り越して筋肉がほしい。

軟弱な精神には筋肉が必要なんだと思う。

そこまで続けられる保証はないけど、やってみるぶんには問題ない。

別のことに目を向けてみよう。

マッチョイズムは嫌いだけどさ。

 

市営の施設を調べてみたら、健康保険の種類によって割引が受けられると知った。

私は扶養家族として父の会社の保険に入っている。

そんなサービス知らなかった。

 

知らないというのは損をする。

貧困のデススパイラルとはいうけれど、広義にはこれもその一部。

でも調べるのめんどくせえから、本当の金持ちはこういうサービス使わないよな。

善良な小市民が使うんだろう。

 

でも父の会社が契約してるような保険会社だし、どうせシケた内容だろうなと思って調べたら、まあまあシケていた。

近くにある民営スポーツクラブの割引だ。

でもこの割引率なら、ほかにデフォルトで用意されてるプランの方がいい。

一日体験(見学ではない)の割引がコスパ良さそうだった。

目先を変えに行ってみようと思う。

 

と、両親に言ったら前のめりに「入るか?」と言われた。

よほど私を健康にしたいらしい。実にいい親だ。

私は続けられるかわからないから、そこまで本気ではない。

 

UTSUではなく、SO_UTSU。

この違いについて、そのうち本でも読もうと思う。

たいした知識を持っていない。

アッパーとダウナーを繰り返す、ってことくらいしか。

 

自分はUTSUからは遠い性格だと思っていた。

でもSOだから仕方ない。

 

UTSU状態は辛かったけど、治療中はそんなに問題ない。

だから、友人諸氏にはあまり心配しないでほしい。

 

幸運にも、私には良識ある両親という経済基盤があるし、日々の衣食住に事欠いてはいない。

不幸なのは、それらがなかった場合だ。

 

UTSUの真っ最中は死ぬことばかり考えていたけれど、それももうない。

それに、手首を切るとかそういうまどろっこしいやり方はまずなかった。

あれは気を引くためにやる行為だと思う。

(切ると脳からアドレナリンが出て落ち着くから繰り返すらしいね。私には縁がなかったが)

 

気を引きたくなかった私はそういう手段を避けた。

死よりも怖かったのは、自ら死ぬことすらできない身体になること。

脳への酸素供給が一定時間止まると、半身不随などの後遺症が残るという。

首吊りに失敗した人間にある事例らしい。

飛び降りることも適わない身体で生き続けるのが、そのときは恐怖だった。

睡眠薬過剰摂取も同じ。吐いたら意味がない。

 

すっぱり、一息に死ねる方法を考え続けていた。

数メートル飛び降りながら首を吊ると、首の骨が一瞬で外れて苦しみが少なく済むという。

けれど死ぬと身体中の筋肉が弛緩するから、いろんなものが垂れ流しになって見苦しい。

顔もうっ血するだろう。醜い。

 

10階以上の高さからコンクリートの地面めがけて飛び降りるのが一番に思われた。

地面のシミになるのが一番スマートだ。

 

ここまで考えたところで、さらに調べると飛び降り後の清掃料に莫大な料金がかかるという。

ことごとく人間社会はめんどくさい。

やはり、山奥深くに分け入って微生物に分解されるしかないのか?

それにしたって捜索隊が組まれた場合、多額の人足代がかかるという。

「うちの親絶対捜索届出しちゃうもんなあああああああああ」

 

私に残された救いの地は東尋坊しかないように思われた。

そもそも、こんな後の事まで真剣に考える人間はそうそう自殺しないんだ。

線路に飛び込むと天文学数字の賠償金が発生するというのに飛び込むやつは後を絶たない。

そういう勢いでもって、後先考えずにやるもんだ。

 

そんなことばっかり考えてたよ。

もう嘘みたいに感じるけどね。医学ってすごいや。